森鍼灸整骨院ブログ

2015.11.23更新

自由が丘の森鍼灸整骨院
森 歩です。

今月より産休の為、森鍼灸整骨院での施術はお休みしております。

仕事で妊婦さんの逆子治療はしていましたが、まさか自分自身も逆子治療を経験するとは思ってもいませんでした。
東京での最後の検診日(30週目)にエコーをしていたら先生から「逆子ですね」と言われてしましました。
今までは言われなかったので、引越しの準備などでバタバタしていたのが原因かな。

今回の妊娠で私は妊婦が経験する一通りの症状を経験させて貰ってます。
悪阻、足のつり、貧血症状、逆子・・・など。
どれも実際につらいですが経験してみないと分からないものだと実感しました。
悪阻に関しては今現在も症状があり、食べるのが大好きな私ももう仕方ないと諦めて出産後のスッキリを楽しみにして生活います。
でも逆子は絶対にもとの位置に戻したいので、診察を受けた日から早速毎日主人(衛先生)に鍼治療プラスお灸をしてもらいました。

受ける側になるとやっぱりお灸は熱いし痛いですが、効果が有るのも誰よりも知っているし、鍼灸師の立場上やるしかないのでとにかく我慢。
出産に比べればこの痛みは全然マシだと言い聞かせ32週目の検診日まで続けました。
32週目の里帰り先の初めての病院での検診時には逆子も無事に正常に戻り、夫婦共にホッとしました。

森鍼灸整骨院でも30週目に入ってから逆子と言われ治療に来られる方が多いです。
34週目以降になるとお腹の中の赤ちゃんも大きくなり、お腹の中のスペースも狭くなるので元の位置に戻るのが難しくなり、なかなか戻らない確率が増えてきます。
予定してる出産法も変わってしまうのでどうにか治したいと思いホームページを検索してお越し頂いています。

家族や夫婦で協力してお灸を毎日実践して逆子治している方々を見ていましたが、私が妊娠し色々と体感する中で出産前から心構えや産まれてくる赤ちゃんと向き合う為の時間なのかもしれないなと自分なりに考えたりします。

森鍼灸整骨院
森 歩

投稿者: 森鍼灸整骨院

身体の内側から健康に美しく

どのような症状の方にも最適な施術をいたします

  • tel_03-3725-0086.png
  • tel_03-3725-0086_sp.png
staff staff blog