森鍼灸整骨院ブログ

2017.06.19更新

多くの方が1度はかかった事のある「風邪」。
風邪においても、鍼灸治療は効果的です。

風邪とは、ウイルスによる上気道感染症の事を言い、かぜ症候群とも言われています。
症状としては、発熱・のどの痛みや腫れ・全身倦怠感(身体のだるさ)・頭痛・鼻水などがあります。
ウイルス性の風邪では、各症状に効果があるお薬を処方されると思います。
細菌感染を疑わされる症状には、抗生物質(抗菌薬)も処方されます。

患者様との会話の中で、「風邪の時にも鍼って効果があるのですね」とよくいわれます。

風邪の発熱においても当院の脈診鍼治療が効果的です。
発熱にも
①微熱が長く続いている
②37度以上の発熱
があります。

東洋医学の考えでは、
①は、身体が弱っていて身体の中の戦う力(免疫機能)が弱っている状態ととらえます。

①・②ともに、脈診鍼治療で身体の中から元気になれるよう全身調整をおこなっていきます。
手首の脈から身体の状態を把握し、身体中の必要なツボに鍼治療をおこなう事で、戦う力をつけていきます。

・長期に休む事が出来ない。
・なるべく早く身体の状態を良くしたい。

是非、鍼治療をお試し下さい。

森鍼灸整骨院
森 衛

投稿者: 森鍼灸整骨院

身体の内側から健康に美しく

どのような症状の方にも最適な施術をいたします

  • tel_03-3725-0086.png
  • tel_03-3725-0086_sp.png
staff staff blog