森鍼灸整骨院ブログ

2017.06.23更新

・洗面台でかがんだとき
・重い荷物を持ったとき
・くしゃみをした時
・立ち上がりや座ろうとした時

あっ!と思った瞬間になってしまう「ぎっくり腰」。
急激な力が腰に加わる事で起きてしまいます。

私も人生で1回のみ経験しております。
(それ以降は、腰の疲労感を感じるとすぐに鍼をしています)

正式名称は、「腰筋筋膜炎」といいます。

全く経験したことの無い方から、毎年1回はぎっくり腰を患ってしまう方まで様々です。

初めての方ほど、症状はひどいです。
・全く動けない、立てない
・かがむ姿勢が出来ない
・寝返りが出来ない
・歩けない、トイレに行けない
等です。

東洋医学の考えでは、
①身体の冷えが長期にわたって筋肉を冷やす
②労倦(ろうけん)・・・肉体の疲労
がベースとして身体の病む状況を作り出しています。
そこに急激な力が加わることで、ぎっくり腰が起こります。

森鍼灸整骨院では、脈診鍼治療とJRC(関節可動回復矯正法)を行っています。
①手首の脈をみて身体の状態を確認し、効果的なツボで脈の形を正常にしていきます。
②悪くなっている筋肉の部分に対して、鍼治療をおこないます。
③JRCで固くなっている仙腸関節を緩めていく

上記の施術を行っていきます。
症状の強弱で回復スピードも変わっていきますが、1度の施術で腰の状態が良くなることをほとんどの方に感じて頂いております。

仕事・家事・育児など休むことが出来ない時は、早めの対処が肝心です。

森鍼灸整骨院
森 衛

投稿者: 森鍼灸整骨院

身体の内側から健康に美しく

どのような症状の方にも最適な施術をいたします

  • tel_03-3725-0086.png
  • tel_03-3725-0086_sp.png
staff staff blog