森鍼灸整骨院ブログ

2017.06.29更新

・腰やお尻が痛い
・お尻から足に痺れや痛みがある
・足に力が入らなくなる

などが主な腰椎椎間板ヘルニアの症状です。

原因としては、
・重い物を持つなどの、肉体疲労
・交通事故などの外的な力が加わる事による負傷
・悪い姿勢での長時間作業
があります。

「ヘルニア=身体の組織が正常な場所から飛び出す」という意味です。
腰椎椎間板ヘルニアでは、腰の椎間板の中にある髄核(柔らかい物質)が正常な位置から飛び出してくることによって起こります。
その髄核が、神経根や馬尾神経を圧迫して炎症が起こる為に発症します。

しびれは、じっとしていても起こる不快な症状です。
日常生活の中、仕事中での作業など、多くの時間でしびれを感じる時間が多くなります。
鍼灸治療では、症状を改善させる事が多くあります。

足のしびれを感じて来院される患者様は多いです。
腰痛として筋肉の極度の硬さにより、しびれを感じる患者様も多いです。
確定診断が必要な場合は、整形外科医の元で画像診断(MRI)をお願いしております。

筋肉によるもの、椎間板ヘルニアによるもの共に、脈診鍼治療で痛みや痺れなど症状の消失・緩和のお手伝いが出来る症例が多いです。


身体のこりや痛み・内面からの不調・不定愁訴など様々なものがあります。

どんな身体の症状でも、東洋医学では身体の中に病因(=原因)があると考えられています。

外的な要因(外因)を六淫(風・寒・暑・湿・燥・火)
内的な要因(内因)を七情(怒・喜・思・悲・憂・恐・驚)
それ以外の要因(不内外因)を(飲食・労倦)

上記の原因によって、様々な悪い身体の状態を引き起こします。
その病因を根本的なアプローチによって改善させていく方法が脈診=経絡治療です。

脈診鍼治療(=経絡治療)では、手首の脈の形状で五臓六腑・全身の状態を把握していきます。
悪い形の脈から良い形の脈へ戻していくツボは、腕と足のツボにあり鍼治療をおこないます。

当院ではどんな身体の状態でも脈診鍼治療を主体として、患者様それぞれにあった施術を行っております。

身体の悪い状態では、身体の経絡(気と血の流れ道)に異常を起こしてきます。
東洋医学の考え方は、気と血の流れを良くしていく事がとても重要です。
コリや痛み、内臓の不調を良い状態に導く為には、経絡の状態を良くしなければなりません。

脈診鍼治療は、身体の状態を良い方向へ導く事が出来る素晴らしい治療です。
脈をみる事が出来る技術、良い脈に変える事が出来る技術、難しい技術ですが素晴らしい作用をもたらしてくれます。

森鍼灸整骨院
森 衛

投稿者: 森鍼灸整骨院

身体の内側から健康に美しく

どのような症状の方にも最適な施術をいたします

  • tel_03-3725-0086.png
  • tel_03-3725-0086_sp.png
staff staff blog