森鍼灸整骨院ブログ

2019.02.22更新

自由が丘の森鍼灸整骨院 です。

東急東横線 自由が丘駅徒歩5分に位置する治療院です。

 

妊娠4か月の悪阻(つわり)でお悩みの30代女性。

保育園の行事で知り合い、妻に相談され来院されました。

 

すでに悪阻の症状で食欲が減り、約5㎏も体重が減少されてます。

また、育児で肩こりがひどいとの事。

 

当院の[マタニティー鍼灸治療]では妊娠週数に関係なくご来院可能となっております。

まず、手首の脈をみて身体の状態を東洋医学的に診断します。

そして、腕や足、頭に鍼をしていきます。

(※注:妊娠中の方へのお腹への施術は、基本的には行いません)

身体の中から元気になれるように促す施術です。

 

その後、うつ伏せ(※出来ない方は、横向き)で背中への施術を行います。

首・肩・背中・腰・足と順番に鍼を行います。

 

今回、来院されました患者様は鍼灸治療初体験でした。

どのくらい痛いのか?など不安がありましたが、最後までリラックスされて施術を終える事が出来ました。

施術後、悪阻での気持ち悪さも緩解し、穏やかな表情でお帰りになられました。

 

悪阻があるという事は、赤ちゃんがお腹にいる証です。

悪阻の期間も個人差があります。

ほとんどの妊婦の方は、安定期で悪阻の症状が落ち着いてきます。

 

私の妻の場合は、出産直前まで悪阻がありました。(希なケースですが)

初めての妊娠時の3か月目に、突然つわりが無くなり「妊娠の脈」も消失し流産になった経験もあります。

 

悪阻(つわり)を無くすのではなく、悪阻の症状を楽にして行くこと。

お腹の赤ちゃんを順調に育み、妊娠生活を快適に送られるようにお手伝い出来ればとの願いで施術しております。

 

森鍼灸整骨院

森 衛

投稿者: 森鍼灸整骨院

身体の内側から健康に美しく

どのような症状の方にも最適な施術をいたします

  • tel_03-3725-0086.png
  • tel_03-3725-0086_sp.png
staff staff blog